java技術者のテクニカルライティング業

技術のノウハウは、各種のメディアを通じて多くの人に伝えることができる性質のものだ。そのため、javaエンジニアとして積み重ねてきた経験を活かして、テクニカルライティングを行うのも方法だ。javaのプログラミング手法を学ぶ際には、何らかの教材を参考にした経験を持つ人がほとんどだ。そうした勉強に役立つ書籍やサンプルプログラムなどは、テクニカルライターによって書かれている。

自らプログラミング技術を活かして、ソフトウェアなどの開発に従事する一方で、後進を育てるための活動もまた重要な仕事だ。javaの勉強に役立つ書籍は数多く出版されているものの、さらに理解しやすい教材を作り出すことで、これからのソフトウェア開発を担う技術者を育成することができる。エンジニアから転身してテクニカルライターとして仕事を始めるのであれば、出版社に企画を持ち込むことできっかけ作りができる。またあるいは、出版社の側から依頼が舞い込んできて、テクニカルライターとして仕事を始めることもあるのだ。

その他、電子書籍による出版も方法としてある。情報技術に関心がある人たちは、電子書籍など新しいメディアを駆使していることが多い。電子書籍の出版により、コストを掛けずに自費出版を行う事ができる。デジタル形式であれば、在庫管理の苦労も必要がないため、フリーのテクニカルライターとして執筆活動に専念することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です